ついに昨日からはじまった、アスコン!

12時を過ぎた段階からTLで#アスコンが流れまくってますね( *´艸`)

仕事で全然終えてないんだけど、隙間時間で見れたときはもうほんとにきらきらしてて…眺めてるだけで楽しすぎる~~と思いました✨

私が撮ってきた写真は…

これ!!

昔からアスコンに参加されているみなさんのように、ハウジングのコツや写真撮影のトリックなどの知識はからっきしなので…

わたしは「コンセプト」を練りに練りこんでみました♪はじめてドラクエでこんなに頭使ったんじゃないの~?っていうくらい考えたので、読んでくれるとうれしいです(*ノωノ)♡

タイトルは「くされたるくさ ほたるになる」です!

テーマの参考にしたものは、「七十二候」。

※七十二候とは…

古代の中国で考案されていた、「季節を表す方式」です。 二十四節気(古代中国で考案された、季節の指標のこと)をさらに細分化して、季節を表現しています。

「気象の動き」や「動植物の変化」での短文で季節を表すんですね~ロマンチックじゃないですか??(*’ω’*)古代中国ほんとえもい。。



そこで選んだものは…

腐草為螢(くされたるくさほたるになる)



この短文は、6月10日~頃の季節を表しています。現代の私たちは、蛍が土の中で幼虫として育ち、羽化することを知っていますが、昔の人は「枯れた草花が蛍になる」と信じていたようです。もうすでにここらへんの情報を調べてる段階で、昔の人えもすぎ~~~って胸がぎゅってなってました!

そんな情報をもとに、わたしが撮りたかった写真は「大切な人を弔う姿」。

蛍って、七十二候以外にも、いろんな側面を持つ生き物ですよね。蛍同士の恋愛のシグナルだったり、威嚇だったり…亡くなった人の魂だと思ったり。

なので、提灯の中にこめた光を、枯草の中に隠れる蛍たちに分け与える美しい系えるこちゃんで撮影しようと最初は思っていたんですが、「あれ?それってこの写真の主人公は自キャラなの?蛍なの?」とめちゃくちゃ迷子になりはじめましたw

もっと自キャラにストーリーがないと完成に納得できなくない?と、ハウジングのセットをつくりながら自分とずっと議論!w

ぼけ~と手を動かしながら、「物語」も考えてみました。

(ここらへんからこいつ暇人かよって引かれそうでこわい。でも記念だから全部書いちゃう)



「彼女はしあわせだった。大切な人と暮らしていた。屋敷は草花に囲まれ、花屋敷のようだった」

「大切な人をなくして、お庭に咲いていたお花もすべて枯れてしまった。腐った草にひを灯して、空へ向かって飛んでいく蛍に思う」

「来世で会おう。私は必ず次も君を見つける。―…そうして彼女は火に包まれた」


まさかのクソ重いオチ( *´艸`)

なので、表情は笑顔でも微笑みでもなく、「憂い」でした!

は~こんなに頭の中のことを赤裸々に書くとなんやねんこいつきっしょって引かれそうだけど、考えるの楽しかったからいいんです~♥

それに、こんなにたくさん情報を調べて、撮影セットをつくって、想像したものを育てて育ててと時間をかけることは、とても楽しい幸せな遊び方でした。自分がそれだけ時間をかけた分、TLで見るたくさんの画像もすべてキラキラ輝いて見えます!

今からまたTLめぐってこようっと(*’ω’*)すでに色々な思いが浮かんでるんだけど、アスコンを「見て」の感想は別記事に書きたいと思います!

七十二候シリーズでサブも撮影してこようかな…


1日1回押してもらえると順位がアップします♪ぽちっと押してくれるとうれしいです(*ノωノ)


人気ブログランキング