ドレア集会系のプレイべ主催してみたいな〜って

お考えのみなさまへ\( ´ω` )/

今日はドレア集会系のプレイベを開くときの、わたしなりの考え方 を、書きたいと思います✨



テーマを考えるとともに、

まっさきに考えること



わたしが去年一年間、ドレア集会に参加をし続けて感じた事があります。

それは、「主催」の人によって、イベントの雰囲気が違う!

「大人数が集まってわいわいしているイベント」「少人数だけどドレアについてじっくり話せて、交流ができるイベント」など、意外とイベントによって空気感が全然違うんですよね~!

ドレアイベントの主催をしたいみなさんは、「どんなイベント」にしたいですか?

  • とにかく大人数を集めたい!
  • 参加者さん同士でしっかりドレアについて話して交流してほしい
  • 綺麗な場所で、撮影できる写真が美しくあってほしい…
  • プレイベに慣れていない人たちにプレイベの楽しさを伝えたい

などなど、これも人によってかなり違ってくるんじゃないかな~?と思いました(*’ω’*)

以上の点を踏まえて、、、

ドレア集会のテーマは大きくわけて、3つに分類されると思います( * ॑꒳ ॑*)❕

〇具体的なテーマがあるもの

〇抽象的なテーマで行うもの

〇ショップアイテム追加や公式イベントに合わせて開催されるもの

「具体的なテーマ」に関してでいうと、

りんご、トマト、指輪、靴、りぼん、フルーツ、童話、海賊、蜂、などなど・・まさにテーマにしているアイテムそのままのイベントですね!

キャッチーだし、ドレアもつくりやすいので、「たくさんの人に来てほしい!わいわいしたイベントにしたい」という方は「ドレアのつくりやすさ」を意識したテーマを選ぶといいんじゃないかなと思います(*’ω’*)

次の「抽象的なテーマ」でいうと、

曲とか、空想上のもの(神様、幻獣、モンスターetc)、概念(うそつき・真面目・艶美・メンヘラetc)とか、はっきりとコレって言い表せない、イメージ的なテーマ。こういうテーマはドレアをつくる敷居も高ければ、難しく、浮かばないものは浮かばない!と諦める人も多々になるので、イベントへの参加人数は減少しがちです。

だけど、参加人数が少ないということは、「あああの人にも声をかけなきゃ、あああの子ぽつんとしてる声をかけてあげたい…!」ってあたふたすることもなく、一緒に撮影している子のドレアをまじまじと、じーーーーーっと見つめながらお話しできることが魅力です。

それ素敵ですね、それクソかわですねなんて言葉を交わすうちに仲良くなっていくし、ドレアのセンスも磨かれていくかも!?

最後の「ショップアイテム追加や公式イベントに合わせて開催されるもの」のイベントも、たくさんの参加者さんがいらっしゃるイベントだと思います。

だけど、新アイテム系のイベントの大きな特徴は、普段ドレアイベントなどに参加されていない、いわゆる「初心者マーク」さんがとても多くなるということ…!(絶対みんなドレアするし、ドレアしたら見てもらいたいし、普段イベントに行かなくても行きたくなるよね!

だからこそ、「プレイベってこんな感じなんだな~」「知り合い同士で撮ってて入れないわ…」と、イベント会場でぽつんとしている初心者さんへのフォローがうまい主催者さんやスタッフさんでないと、せっかく来てくれた人たちに孤独感を感じさせてしまうかもしれませんね。



【注意していきたい】たまに胸が苦しくなるような話を耳にします



とあるイベントを開いた主催者さん。

数は少ないけれど、その分参加してくれた人たちとゆっくりお話しができて楽しかった!またやりたい!と手ごたえを感じていたのに

「人少なすぎw」「人気なさすぎ」なんていう風に馬鹿にされて、悲しい…。

こんな話を耳にすることがあります。

イベントで何をしたいか、どんな時間を過ごしたいかは人それぞれ。楽しいイベントを使って、相手を傷つけるようなことがなくなればいいなと思います(*ノωノ)


1日1回押してもらえると順位がアップします♪ぽちっと押してくれるとうれしいです(*ノωノ)


人気ブログランキング